キングオブヒルクライム富士山

去年も参加したこの大会

今回はスケジュールがかなりイレギュラーで会場集合が5時半。そこに行くまで車で二時間近くかかるのだが。。。

前日は早く寝て、2時半に起きて余裕を持って出発し問題なく到着。今回はツレがいるので応援してもらえる。

とにかくスケジュールが変で、一旦会場を出て、スタート地点まで15km近く下らないといけない。そこでパンクしちゃったら、、どうするんだ!?
履いているタイヤは、フロントがボロボロのミシュランpro4。一部トレッドが剥がれかけていて、下のケーシングが見えてしまっている。こんな状態でも結構走れてしまうものであまり心配はしていない(ダメだけど)。

むしろ心配なのはリアタイヤ

ミシュランから新しく出たpower competition を使っているが、これに変えてからやたらパンクが多い。ちょっと小石が転がる道に入るとサイドカット。これでほぼ新品を一本ダメにした。ちょっと勢いよく段差に乗り上げるとリム打ちパンク。。空気圧はそんなに低すぎないハズだが。。
しかもちょっと路面が濡れ始めると即座に滑り出す。登りで今までの感覚でダンシングするとすぐにズルズル滑る。グレーチングがあろうものなら最新鋭のトラクションコントロールでも空転するんじゃないかってくらいツルツル滑って非常に神経を使う。
そんなんだからウェットのコーナリングどころかドライでも今一信用できなくなり、唯一不安なく走れるのは 登りだけ。

そんな心配のあるタイヤだったがパンクもなく無事に下山ステージをクリア。

昨年のリザルトは1時間55分だった。今年は1時間45分を切りたい。乗鞍のコンディションからして達成可能なハズ。

スタート地点で会社の同期と遭遇。エントリーリストから来ることは分かってたが、無事会えた。つかの間の談笑をしていざスタート!

とりあえずスタートから数分は勢いよくペース上げて、リズムが合いそうなグループを探す。5分くらいしたところでなんとなく速度が近い数人の後ろに着く。予定通り。

20分くらい過ぎたところで後発カテゴリーの先頭集団に抜かれる。早い。もうスタートの3分差を返されてしまったのか。。この辺から同カテゴリの赤ジャージの人と抜きつ抜かれつの勝負になる。
どうも走り方が違うようで、平坦区間では引き離せるが急坂になると追い越される。そんなこんなを繰返していたが、赤ジャージと青ジャージの人が常に少し前にいる状態になる。
徐々に離されてしまい、元料金所では20秒以上離されていた。見えなくなる前に追いついておきたい。でも焦っちゃダメだ。まだここで半分なんだから後半盛り返せばいい。

料金所から10分過ぎたあたりでふと差が詰まってきた。自分はペースを守ったままゆっくりゆっくり近づいていく。そして追い付いた。前に出る余裕はないためとりあえずツキイチ。10分くらいはついていたか。前は青の人がひたすら引いていて非常に安定したペース。だったが、、だんだんついていくのがつらくなってしまい残り4kmくらいでまた離れてしまい差が20秒くらいに戻ってしまう。でもそれ以上広がっていかない。前も結構きついんじゃないか?と思い諦めずに追いかける。すると残り2km付近でまた追い付いた!そして今回は追い付いた勢いそのままに追い抜く!アタックというわけではなく自分のペースを維持したら追い抜けた感じ。

その後はひたすら後ろに追い付かれたくない思いでペースアップし、ラスト500m付近からまた斜度が上がりかなり足に堪えるが垂れないギリギリで粘る。
最終コーナー手前で前から同カテゴリの人が降ってきた。抜き去って更にワンランクアップ。

ゴールしたらタイムは1時間46分だった。んー45分は切れずあと一歩のところだった。色々なタラレバが頭に浮かぶが考えてもしょうがない。また来年チャレンジするしかない。

天気が晴れで本当に良かった。駿河湾の絶景を眺めながら下山を待つ。この高さなのにすぐそこに海が見える富士山はやっぱり特別な山だ。いつか、登山で来よう。

下ったらツレが他の家族連れと友達になっていた。時間持て余してなかったようで何より。写真も撮ってもらえたのでありがたい。