長野ツーリング3日目 GW9日目 草津-渋峠-野沢温泉

早めの時間に起きて出発準備、というつもりでいたが結局出たのは8時ごろ。

今日はいよいよ渋峠。天気も抜群にいい!
草津側から登るのは3年ぶり3回目で、何回でも登りに来たくなるような絶景が堪らなく好き。
日本の峠の中で断トツで好きかもしれない。標高も、国道最高地点だし箔がある。

草津を出て登り始めると程なくして車の隊列が。。。1mmも動かない状態で連なっていてなんだこれは?となる。ちょっと進むと道にゲートがあった。そして着くと同時にゲートが開いた。そういえばここは夜間通行禁止だったっけか。
出発が遅れてなんだかなぁ、なんて言ってたが結果オーライだった。色々と順調に進んで気分いい。

そして景色は期待通りの絶景。ここだけはヨーロッパのアルプスの壮大さと張り合える素晴らしい景色。道の作りもまたいい。適度なヘアピンとカールをなぞるように登るルートが下から上まで見通せて、これからあそこまで行くのかーという高揚感が掻き立てられる。

立ち止まっては写真を取り、立ち止まっては写真を取り。これを繰返しながら白根山レストハウスに到着する。すると駐車場には車一台も停まってないし、人も誰もいない。今まで来たときは違う異様な光景に戸惑いつつ写真を取ろうと道路脇に自転車止めたら警備員が駆けつけて来て「ここは止まっちゃだめ。、このまま通り抜けて」と。なんと白根山の湯釜が火山警戒レベル2になってしまったようで、その影響で立ち止まるのは禁止になってしまっていた。。このご時世しょうがないっちゃしょうがない。

やむなく通り抜け、最後のあとちょっと一頑張り。終盤は北アルプスが遠くに望めるポイントもあり、雪の回廊もあり相変わらず素晴らしい景色を見せてくれる。

昼前に渋峠頂上に到着し、県境ホテルで昼ご飯。食後ちょっとだけスキー場のふもとで雪遊びをしていざ下りへ。ここの下りもリズムがよくて好き。
だが下ってる途中で2回もスプロケがゆるんでペダルが漕げなくなるトラブルが再発。ホイール外して、手で無理矢理スプロケを締め直してだましだましで走る。スプロケを締める携帯工具なんてないよ。。。

中野まで下ってきて、そのまま国道299で北上してもよかったが、地図を見ると国道と並行して千曲川を挟んだ対面に良さげな県道があったのでこっちを、走ることに。
これが大正解。車も少ないし信号も少ないし川沿いで風が気持ちいい。川沿いを北上していると学生時代のツーリングを思い出してしまい、このまま北に向かって何日も走っていたい気分になる。

ゆっくりと走り続け野沢温泉へ到着。宿で一休みしてから温泉街へ繰り出す。温泉入り、夕飯は焼肉屋でバカみたいに食べまくって宿へ。
部屋でもお酒を飲んだりしていい酔い加減で寝る。
宿にあったイニシャルDの漫画を読んでみたらはまってしまった。一昨日自分が通った碓氷峠も舞台になっていた。

楽しいツーリングは今日でほとんど終わり。